警戒心が強すぎる女子はいい出会いも逃しやすい?!

初対面の人や慣れない人のことはすぐに信用できないし、自分の内面を見せたくない…。

あなたはそういう風に、誰に対しても疑り深くなっていませんか?

警戒心を持つのは悪いことではないですが、あまりにその気持ちが強すぎるとせっかくの出会いも逃してしまうかもしれません。

自覚がなくても、実はあなたも”警戒心が強すぎる女子”かも!?

この記事では、警戒心の強い女性の特徴やデメリット、改善法などをお伝えしていきます!

いくつ当てはまる?警戒心が強い女性の特徴

人見知り

初対面の人と打ち解けるのが難しかったり、緊張していつもの対応ができなかったり…。

人見知りの女性は、慣れない男性に対して言動がぎこちなくなってしまいがち

「相手のことをよく知らないからどう接したらいいのか分からない」「何か変なことを口走って嫌われたらどうしよう」という不安や、「すぐには相手を信用できない」という警戒心から、そのような言動になってしまうんです。

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ないために、男性に対してどう接したらいいのかが分からない…という女性も多いはず。

「ずっと女子高に通っていた」「男兄弟がいない」などの条件も揃ってくると、より”男性”という異性の存在が未知のものに感じられるかもしれません。

自分に自信がない

自分の性格や容姿、生き方などに自信がない女性もまた、警戒心が強くなってしまいがち。

「自分に好意を抱く人がいる訳がない」と思い込むことが、「こんな自分を人に見せたくない」という感情を生み、それが人への対応にもあらわれてしまうんです。

男性に対しても、「自分自身をさらけ出すことでがっかりされたくない」という気持ちから、却って素っ気ない対応をするようになってしまう場合が多いです。

過去のトラウマ

過去に自尊心を傷つけられるような出来事や失敗を経験した人は、そのことが中々忘れられない傾向にあります。

新たな出会いによってまた傷つくかもしれない・失敗するかもしれないという恐怖や不安が、人との関わりを必要最小限にしたり、相手を信用しなくなったりすることに繋がるんです。

相手の気持ちを考えてみよう

警戒心が強い女性の特徴をご紹介しましたが、あなたはいくつ当てはまりましたか?

本人にしてみれば、こういった態度や言動は相手への不快感や嫌悪感からくるものではなく、単に自分の気持ちの整理が追い付いていないだけ…という場合が多いはず。

ですが、そういう事情を相手が汲み取ってくれるとは限りません。

あなたにとってはわざとではなくても、相手には塩対応だと思われてしまったり、不愛想な女性なんだな…と思われてしまったりする可能性が高いんです。

これではせっかくの出会いも台無し。

そこで次の項目からは、どうすれば相手へ過剰な警戒心を抱かずに済むのか、その対策についてお伝えしていきます。

どうやって改善すればいいの?

自分から話しかける

相手が話しかけてくれるのを待っているだけでは、中々親しくなる事ができません。

相手にとってはくだらない話かもしれない…と不安に思わずに、どんな些細なことでもいいので話しかけてみましょう。

そうすれば相手も、「自分から話しかけてくるという事は、仲良くしたいと思ってくれているのかな?」と思ってくれるはず。

自分から相手に歩み寄る事ができれば、警戒心も徐々に薄れていきますよ。

いつも笑顔でいる

どんなに綺麗な人でも、いつもムスッとして機嫌を悪そうにしていると、他人からは近寄りがたい印象を持たれてしまいます。

逆に、特別美人というわけではなくても、いつも笑顔で楽しそうに過ごしている女性は同性から見ても愛嬌を感じますよね。

愛嬌がある女性は、性別を問わず色んな人から好感を持たれやすくなります。

話すのが苦手という場合は、意識して笑顔でいることを心掛けるとよいでしょう。

事前に伝えておく

とは言え、長く培ってきた性格を変えるのは難しいことです。

急に愛想をよくするのはハードルが高い…と感じる場合は、先に自分の性格を相手に伝えておくと、相手の感じ方も変わってきますよ。

例えば、「私は初めて会う人と喋るのが上手じゃなくて…でも機嫌が悪いわけじゃないんです。怒らせてしまったらごめんね」という風に前置きをしておくと、相手も「この人は別に自分のことが嫌いなわけではないんだな」と察してくれるはずです。

改善することでどんな効果が得られるの?

友達が増える

警戒心をなくしたり弱めたりする事で、今まで仲良くできなかった人と親しくできるようになります。

友達は多くても困る事はありませんし、一緒に外に遊びに行ったり、家に招いてホームパーティーをしたりと、むしろ楽しいことが増えていく可能性が高いです。

それだけでも努力する価値はあると言えます。

性格が明るくなる

常にどんなことにも警戒心をむき出しにしていると、自分自身も疲れてしまいますよね。

疲れがたまると性格も荒んでしまい、周囲からの印象も良くないものになってしまいます。

神経質に物を考えるのではなく、「まぁいいか」といい意味で気を緩めてみましょう。

そうすれば一気に世界も変わってくるはずです。

彼氏ができる

友達が増え性格が明るくなると、出会いの数も増え、彼氏ができる確率もアップします

今まで疑り深く見ていた相手も、そうやって接することで印象がガラッと変わっていくかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?

親しくない相手を信用しすぎるのは危険ですし、警戒心を持つこと自体は悪いことではありません。

ですが、警戒心を強く持ちすぎるのも考え物です。

一度視点を変えてみて、自分が他人からどう見えるのかを冷静に考えてみましょう。

警戒心をなくしてみることで、いい出会いが訪れるかもしれませんよ♪

Writerこの記事をかいた人

みお

女性は常に悩みながら生きている。恋愛に仕事や友人関係。 そうやってたくさん悩みながら、美しく逞しい女性になっていくのだと思います。 そんな頑張る女性たちの生活をちょっとでもステキにするお手伝いができたらと思っています☺