彼は運命の人?ツインソウルとソウルメイトの見分け方

占い・診断
スポンサーリンク

;運命の相手と言われている、ツインソウルとソウルメイト。

実際にはどんな違いがあるのでしょうか?

ツインソウルやソウルメイトと出会う方法や、特徴などをご紹介していきます。

また、意中の彼が運命の相手か確かめたいという方も、必見です。

スポンサーリンク

ツインソウルとは

まず、“ツインソウル”というのは、もともと1つだった魂が前世で2つに別れ、お互いが成長したあとに出会う運命となっている片割れの魂のことです。

この世に1人しか存在せず、“他人という自分”“もう1人の自分”などと言われています。

ツインソウルは必ずしも、同じ時代や同じ地域・国で生きるわけではありません。

また、高確率で相手は異性であることが多いですが、まれに同性の場合もあります。

ツインソウルはソウルメイトに比べて縁のつながりがとても強く、「あまりこの人と一緒にいたくないな…」と感じたりもします。

同じ魂の片割れであるため、恋愛関係になることはあまりないと言われています。

出会った瞬間に惹かれ合いますが、別れがあることがほとんどです。

ツインソウルの特徴

  • 初対面なのにどこか懐かしい感じがする
  • 偶然会うことが多い
  • 手や爪のかたちが似ている
  • 誕生日が同じ、または近い
  • 相手の感情がわかる
  • 似ている部分と正反対な部分がある

などが、ツインソウルの特徴と言われています。

会った瞬間から、直観的にビビッと感じたり、目を見ると引き込まれるという人もいます。

ソウルメイトとは

ソウルメイトは、同じ使命を果たすために、集団で何度も一緒に生まれ変わってきた相手です。

前世で、親子や夫婦などの深い関係になり、「来世でもまた会おう」と約束した“魂の伴侶”なのです。

ツインソウルは、この世に1人と言われているのに対して、ソウルメイトは何人もいると言われています。

家族・会社の上司・教師・行きつけのお店の店員など、あなたの周りの誰もがソウルメイトになりえるのです。

またソウルメイトは、会った瞬間から旧友に再会したような感覚で、フィーリングも合います。

その為、相手が異性の場合も同性の場合もありますが、異性であれば恋愛関係に発展する可能性が高いです。

ソウルメイトの特徴

  • 初めて会ったような気がしない
  • 一緒にいると安心感があり、自然体でいられる
  • 言葉にしなくても通じるものがある
  • 誕生日や家族構成が近い
  • 相手のことが頭から離れない
  • 相手の考えがわかる、気が合う
  • どれだけ喧嘩をしてもお互いに嫌いにならない

などがあげられます。

特徴としては、ツインソウルと似ている部分が多く、見分けがつきにくい人も多いのではないでしょうか。

ツインソウルとソウルメイトの見分け方

ツインソウルとソウルメイトは似ている特徴が多いですが、簡単な見分け方があります。

ツインソウルは、もともとは同じ魂だったのが、意味を持って2つに別れているため、現世で一緒になろうとすると避け合ってしまいます。

対してソウルメイトは、一緒に転生を繰り返している仲間であり、深い関係性です。

その為、お互いを支え合うために、何度生まれ変わっても引き寄せ合っていくのです。

つまり簡単にまとめると、

出会ったとき、気が合いそうな直観的な何かを感じるが、なぜか避けたくなるような存在であれば『ツインソウル』。

一緒にいたいと感じ、理由もなく相手に力を貸してあげたくなるような存在であれば、『ソウルメイト』の可能性が高いです。

彼はソウルメイト?またはツインソウル?

『好きなのに上手くいかないのは私たちがツインソウルだから?』『もしかしたら彼は私のソウルメイトなのかも?』と思い、この記事を読んでいる方もいるはず。

100%ツインソウルだから上手くいかない、ソウルメイトだから運命の相手だ、なんていうことはもちろんありません。

しかし彼が「なぜか引かれ合う特別な相手」であれば、前世での魂が関係している可能性はあります。

ツインソウルもソウルメイトも、あなたにとって重要な意味をもつ存在である点は同じです。

魂がおのずと二人をあるべき運命に導いてくれるので、自分でツインソウルかソウルメイトかを決めつけず、素直な気持ちのままに委ねましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
占い・診断
シェアする
ラブベイト