彼氏の誕生日をお祝いしたい!本当に喜ばれるプレゼント&サプライズ

彼氏の誕生日は彼女の腕の見せどころ。

お金をかけて盛大に祝ってあげてもいいし、手作りの料理であたたかなパーティを企画してあげるのもいいですね。

年に一度の大切な日…私にしかできない特別なお祝いで、友人達や元カノと差をつけたい!

だったらこんなプレゼント&サプライズはいかがでしょうか?

彼氏を満足させてあげるのはもちろん、特別なその日を2人一緒に楽しみましょう。

密かな情報収集で外れなしのプレゼントを用意しよう

彼氏の誕生日で最もこだわりたいポイントいえば、やっぱり「プレゼント」。

あげたいものをそのまま渡すのも悪くはありません。

でも、それだと「もう持ってる」とか「好みじゃないな…」なんてことにもなりかねませんよね。

彼氏を喜ばせてあげるはずが、余計な気を使わせて終わるなんて辛すぎます。

だから、早いうちから密かに情報収集をしておき、彼氏が本当に欲しいものを頭に入れておきましょう。

一緒にテレビを見ている時、「これいいなぁ」と何気なくつぶやいてみてください。

すると、「オレも欲しいと思ってたんだよね!」とか、「○○なら欲しいけど」なんて気持ちが聞けたりします。

お買い物デートの時も、彼氏の視線がどこに向いているか、何に興味をもって手に取ったかを確認して。

その中からひとつを決めれば、外れなしの誕生日プレゼントが用意できます。

自分が欲しいものなら喜んでもらえるのは当然。

さらに、「欲しいって気づいてくれてたんだ!」という喜びもプレゼントできますね。

今の素直な気持ちを伝えるいいチャンス!その方法は?

付き合いも長くなってくると、プレゼント選びも気持ちを伝えることに対してもだんだん手抜きになってきます。

誕生日、交際記念日、クリスマス、バレンタイン。

イベントをたくさん一緒に過ごしてきたから、彼氏にあげるプレゼントだってそろそろネタ切れかも?!

甘い言葉を口にするのなんか、今じゃ照れくさくてなかなか言えません。

それなら、彼氏の誕生日というこの機会を利用して、今の素直な気持ちを頑張って伝えてみませんか?

その方法はいろいろあります。

例えば、ちょっと豪華なメッセージカードに真剣な気持ちを綴ってみること。

ツンな彼女やシャイな彼女ならなおさら、普段口では聞けそうもない熱い気持ちに感激してもらえるでしょう。

ケーキにチョコペンで「大好き♡」と書いてみたり、パーティの装飾内で気持ちを伝えるのもいいですね。

どんなプレゼントよりも、けっきょく嬉しい気持ちこそが一番のプレゼントになるのかもしれません。

お金をかけることで愛情の深さを感じてもらえることも

流行に敏感で、物欲たっぷりな贅沢彼氏にはお金をかけてあげてください。

「プレゼントは金額じゃない」なんてよく言いますが、かけた金額で愛情の深さをはかる人もいます。

彼氏の誕生日目前に慌てることのないよう、早めに予算を立ててコツコツとお金を用意しておきたいですね。

一緒にウインドウショッピングをした時に、「高い!」と手が出なかったあのアイテム。

調べれば金額がわかる有名ブランド品。

より特別に感じてもらいたいなら、彼氏の誕生日以外のイベントはそこまでのお金をかけないようにします。

彼氏の誕生日にだけめいっぱい奮発するからこそ、プレゼントの価値も上がり、サプライズも成功するというワケ。

持ち歩けるものや部屋で目につきやすいものにすれば、友人にも自慢できるので彼氏も鼻高々ですね。

手作り料理は間違いなし!準備は完璧にしておこう

彼氏の誕生日のお祝いと言えば、彼女が作る愛情たっぷりの手作り料理が鉄板でしょう!

これまでに手料理を振舞ったことがないなら、この機会にお披露目して彼氏を喜ばせてあげてください。

もちろん、作るメニューは彼氏の好物や美味しく作れる得意料理で。

ただ、彼女として長年一緒にいると、何回かは手料理を披露したこともあるものです。

そんな時は、気合を入れて手の込んだパーティメニューを用意してみるといいですね。

準備は時間と手間がかかるのでしっかりと完璧に行ってください。

テーブルクロスや食器選びも手を抜けませんよ。

料理に詳しくない男性でも、豪華すぎる料理や華やかな装飾を見れば彼女の本気がちゃんとわかります。

特別な演出で気分も上がり、味だけではなく手間とアイデアにも喜んでもらいましょう。

彼氏の誕生日は彼女にとってもビッグイベント

彼氏の誕生日は、本人よりも彼女にとってのビッグイベントなのかもしれませんね。

だって、期待する彼氏の気持ちが自然と伝わってきて、どうしても気合が入ってしまうから。

彼氏が今本当に欲しいと思っているもの、驚くような高いプレゼント、または、お金じゃ買えない真心の贈り物。

どれが喜ばれるかは彼氏の価値観によって違うからこそワクワクします。

でも、一緒に過ごす特別な日ですから、自分自身も満足できるように仕上げることが大切です。

うんと甘えてちゃっかりハッピーをもらったり、一緒にうっとりできちゃうくらいのムードいっぱいの夜もステキ。

そんなあなたを見ながら誕生日の喜びに浸ることができるのです。

Writerこの記事をかいた人

monshi

恋愛の記事を書きながら、人との向き合い方についていつも考えさせられているわたしです。 恋愛に正解なんてないけれど、いろいろな考え方をわかりやすくお伝えしてヒントにしてもらえたら…。 そんなわたしのささやかな願いを受け取ってもらえたら嬉しいです。