男性をドキッとさせる可愛い上目遣いのやり方

愛されテク
スポンサーリンク

男は目ヂカラがある女性に弱い…?

男は女にじっと見つめられると胸キュンしてしまう…?

男女関係においては、目や視線にまつわる話がとても多いですね。

今回はその中でも、男をドキッとさせる上目遣いを紹介していきます。

上目遣いと聞くと「可愛い女子」を連想する方も多いかと思いますが、特に男のハートを射止める可愛い方法があるんです。

早速見てみましょう。

甘えた言葉とセットで上目遣い

男は甘えてくる女に弱いですよね。

上目遣いというのは、元々そのままでも可愛い印象を与えますが、『甘え』と『上目遣い』をセットにするとダブルで男心が揺さぶられます。

また、黙ったままじっと見る状態だと、男性は可愛いとは感じつつも何だか心を見透かされているような、試されているような気がしてきますよね。

甘える言葉をかけながら上目遣いを活用すれば他意がないことが伝わりますので、男性が安心して相手の女性に夢中になれるというメリットもあります。

上目遣いとセットにする甘えのセリフ(例)

  • 「会えるのを楽しみに、今週頑張ったんだよ」
  • 「ずーっと日曜日だったらいいのになぁ…。そしたらずっと一緒にいられるのに」

もちろん、ふたりが完全に相思相愛の関係であれば、「好き」とか「大好き」などストレートな愛情表現で甘えるのも効果的です。

視線だけでなく、「顔ごと」見上げる感じが可愛い

男は女が自分より細くて頼りないとか小さいと感じると胸がきゅんとします。

私たち女も、男性の腕の太さや肩幅の大きさにきゅんときますよね。

男女というのは自分が持っているものと正反対のものを異性に感じたとき、割と単純にドキドキします。

たとえばキスをするとき、背丈が足りなくて背伸びをする女性の姿というのは、男性から見てとても可愛く映るそうです。

それと同じで男性の目をのぞき込むときも、表情だけで上目遣いをするよりも、顔ごと見上げるような感じで上目遣いをした方が、男目線から見ると可愛さがアップします。

飼い主を見上げるワンちゃんや猫ちゃんのように、愛くるしい感じがしますね。

彼氏の腕の中で上目遣い

彼氏とベタベタしているとき、腕の中で上目遣いをするというのも効果があります。

真正面から向き合って目を見つめるのとは違い、彼女が上目遣いをしてくると男性としては自分の方が優位に立てているような、彼女に頼られているような気持ちになります。

抱き締めてもらっている時点で、彼氏はすでに深い愛情を感じている状態ですので、それにプラスアルファで可愛い視線を向ければ、彼女を思う気持ちはより一層強くなります。

すねた表情で上目遣い

好きな人に相手にしてもらえない期間があったり、忙しくてなかなか会えなかったときなど、思い通りにならないことがあったときには、すねた顔をしながら上目遣いをするという方法があります。

少しうつむいたり口を尖らせるなど、「面白くない…」という気持ちを態度に出しながら上目遣いをします。

女性にこういう態度を見せられると、男は「名誉挽回したい」「今日は何とか楽しませたい」「笑わせたい」という感情が沸いてきて、女性に対して一生懸命になります。

「何か美味しい物、食べに行こうか?何が食べたい?」「どこか行きたいトコない?」など今日の予定について男性が次々と質問してきたら、すねた表情&上目遣いの効果が表れた証拠です。

その際、すぐに「じゃあパスタが食べたい!」「ショッピングに行きたい!」などと返答してしまうと、彼の集中力は女性よりも今日の行き先の方へ向かってしまいます。

男性の気持ちを長くこちらに向かせるコツは、少し『溜める』感じですねた雰囲気を見せておくことです。

いわゆる女の駆け引きというものになりますが、男性は女性がいま何を考えているのか、どう感じているのかを知りたいと思うと、女性に対して必死になる傾向があります。

ずーっとすねたままでは平行線になってしまって男性も嫌気がさしますが、ある程度引っ張るのは効果があります。

但し補足ですが、男は彼女からきつく怒られたり、思い切り泣かれたりするのは苦手です。

あくまでも、ちょっと子供っぽくすねた感じを出すのが「可愛い」と思ってもらうコツですので、間違えないようにしましょう。

まとめ

女性は男性に比べて、圧倒的に感情表現のバリエーションが豊富といわれます。

たとえば甘え方一つを取って考えてみても、女性は言葉だけでなく、表情や態度などを変えるなどの方法を取り入れるのが上手ですね。

上目遣い以外にも、好きな人のことをチラッと見てすぐに向こうを向くとか、視線を合わせながら微笑むなど、男性をドキっとさせる方法は他にもあります。

また、実際に会っているときだけでなく、LINEスタンプを使って男性をドキドキさせる方法もあります。

片思い中の彼がいるという女性も、今付き合っている彼氏がいるという女性も、女ならではの様々な感情表現をフル装備で使って、彼の胸をきゅんきゅんさせましょう。

愛されテク
シェアする
ラブベイト