何を考えてる?無愛想な人の性格・心理

オトコの本音
スポンサーリンク

無愛想な人の反応は塩対応か完全スルーのどちらかになることが多く、何だか怒ってるような感じもしますよね。

知っている人に挨拶されても軽く頭を下げるだけ。

職場の人の話を無表情で聞く。

女子トークで盛り上がる友達に共感することもなし。

まわりに悪い印象を与えないようにと常に気を配っている女性からすると、無愛想な人の態度というのは見ていて不思議になりますね。

今回は、無愛想な人の性格と心理を覗いてみましょう。

スポンサーリンク

笑顔や愛嬌を振りまく必要性を感じていない

悪気や裏があるわけではない

無愛想な人というのは、特に悪気があって冷たい態度を取っているわけではありません。

一見機嫌が悪いような感じがする無表情も、単に真顔になっているだけというケースがほとんどです。

一般的な感覚を持っている女性からすると、好感が持てる態度で人に接するのは普通のことです。

でも無愛想な人にとっては、真顔や素の状態で人と接するのが普通なのです。

無理して仲良くしたいと思っていない

人が無愛想な態度になるのには、「無理したくない」という心理がベースにあります。

無理やり笑顔になったり愛嬌を振りまいたりしたくないし、その必要性も感じないというのが無愛想な人が持っている考え方です。

自分を客観視する機会が少ない

無愛想な人にとっては、表情に変化がないことや言葉数が極端に少ないというのはごく普通のことであり、素の状態で人に接しているだけということになります。

けれど相手には、「何でこんなに愛想がないんだろう」「冷たい人」「嫌な感じ…」などの印象を持たれることがよくありますね。

実は無愛想な人の多くは、自分がまわりに与えている印象というものが客観視できていません。

自分では「ごく普通の顔」で「ごく普通に接してる」つもりであり、人に嫌な印象を与えたり失礼な対応をしているとは思っていないということです。

無愛想な人というのは、元々自分がまわりにどう見られているかということへの関心が低く、無理して笑顔になる必要性もほとんど感じることがありません。

そうなると、自分を客観視する能力を磨く機会も少なくなりますね。

仮に無愛想な人が誰かと接しているところを動画に撮って見せたとしたら、「私ってこんなにぶすっとしてるんだ…」とか「自分がこんなに無表情とは思わなかった…」などの反応が返ってきます。

本人は至って「普通にしてるだけ」のつもりであり、無愛想にしているつもりは全くないのです。

シャイな人が多い

無愛想な人にはシャイな性格の人が多いようです。

但しシャイとはいっても、はにかんだり顔を赤らめたりするような可愛い恥ずかしがり方をするわけではありません。

「自己表現が苦手」「人に見られるのが嫌」「人前でしゃべりたくない」などの意識を持っているのは一般的な恥ずかしがり屋な人たちと同じですが、行動や発言を最低限に抑えるというのが無愛想な人たちの特徴です。

目立ちたくないという意識が、表情も態度も発言もクールにさせているということなのです。

男嫌いな女性は無愛想になりやすい

多くの女性が、可愛くありたいとか明るい女性だと思われたいなどの意識を持っていますが、その大きな動機の一つとなっているのはやっぱり異性という存在です。

男性の目を気にしたり恋心を抱いたりしている女性というのは、感情表現が豊かになります。

普段から頻繁に鏡で自分の姿もチェックするし、会話に乗っていくのも上手です。

たとえば同じ職場に「あの人素敵だなぁ」と感じる男性がいたとして、その男性が挨拶をしてきてくれたとしたら、できる限り好印象を与えたいと思って挨拶を返すのが一般的な感覚を持つ女性ですね。

間違っても無言でスルーなんてことはしないはずです。

でも、男嫌いな女性や男に興味がない女性は、男性に対し「素敵」と感じるときめきもなければ、「あの人に嫌われたらどうしよう」という恐れもありません。

だから相手がどんなイケメン男性であっても、無愛想な顔でスルーできてしまうのです。

もちろん、人と笑顔で接するのも愛想良く振る舞うのも、男のためだけというわけではありません。

しかしながら、男性にときめいたり恋をしている女性の方が自分の印象を良くしようと努力しているのは確かでしょう。

まとめ

異性や恋愛に興味がない女性や男嫌いの女性は、自分を良く見せたいとか可愛く見られたいという意識がどうしても低くなります。

人の態度や言動というのは意識に大きく左右されますので、「自分の印象を良くしたい」「あの人と仲良くしたい」などの意識を全く持っていなければ、まわりと接するときにも笑顔は出にくくなります。

相手の話をちゃんと受け止めて反応してあげる、会話を盛り上げてあげるといった優しさや共感性も生まれません。

男性を意識する女性とそうでない女性とでは、対応に歴然とした差が出るということです。

「恋をしてきれいになった」と言われる女性がよくいますが、それは急に肌がきれいになったとか身体が引き締まったという部分的な話ではなく、好きな人の視線を意識して、自分の表情や一挙手一投足に気を配ることによって、トータル的に美しい印象になったということなのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オトコの本音
シェアする
ラブベイト