男性がお嫁さんにしたいと思う理想の女性

婚活
スポンサーリンク

「ずっと付き合い続けている彼氏といつかは結婚したい…」そう考えている女性も多いはず。

でも彼自身はどう考えているのか、不安になる時もありますよね。

ここではどんな女性が、彼から「お嫁さんにしたい」と心から思ってもらえるのか、逆にNGな言動はどんなものなのかについてお伝えします。

理想の女性①人となりがよく居心地がいい女性

  • 一緒にいて落ち着ける癒し系キャラ
  • 誰に対しても笑顔で人によって態度を変えない、性格が豹変しない
  • 挨拶を欠かさない
  • 他人への敬意や思いやりを忘れない
  • 自分の両親や家族と仲良くしてくれる

働く大人の男性は、仕事でヘトヘトになって家路につきます。

付き合っている彼女と家庭を築く事を想定した時、男性は「家に帰った時この女性がいて心身ともに癒されるのか」「心が落ち着けるのか」を意識します。

刺激的な女性は彼女として考えれば魅力的でもありますが、家庭を持つとなれば話は別。

この人とずっと一緒にいたいと心から思える、安心感のようなものが「お嫁さんにしたい」女性の第一条件なのです。

誰にでも笑顔で接して挨拶も欠かさず、相手に敬意や思いやりの感情を持っている女性は人としても尊敬できますよね。

笑顔で他人に「ありがとうございます」と言っている姿は見ていても気持ちの良いものです。

また、家庭を持つとなると双方の親族との関係も重要になってきます。

彼女が自分の両親や兄弟と仲良くしている姿を見る事で、彼も具体的な将来像を思い描く事ができるのです。

理想の女性②家庭的で価値観もばっちり合う女性

  • 思い描いている将来像を共有できる
  • 料理や掃除などの家事が得意で整理整頓はお手の物
  • 仕事への理解がある
  • 金銭感覚が近い
  • 子供好き

思い描く将来像を共有するのは、夫婦になる上でもかなり重要な事。

共働きなのか否か、子供はつくるのか否か、家は買うのか借りるのか、どういった家にしていくのか、老後は…。

考えなければならない事、話し合わなければならない事は沢山あります。

共働きであれば家事の分担について考える必要も出てきますが、そういう時に付き合っている彼女が家庭的な観点も持っていると、男性も心強く感じるはず。

逆に彼女が専業主婦になる場合は、彼女が彼の仕事への理解を示している事も重要になってくるでしょう。

金銭感覚についても、考え方が似通っていれば家計を共にするイメージもわきやすく、将来像に結びつけやすいです。

男性が将来的に子供を持つ事も考えているのであれば、彼女が子供好きで、面倒見がよい女性である事も大事な条件になります。

将来像や価値観を共有でき、家事にも積極的な女性だと、男性も「この人をお嫁さんにしたい」と自然と考えるようになるのです。

理想の女性③外見への配慮や礼儀・自立心のある女性

  • 身体のケアを怠らず、中も外も健康
  • 姿勢がよくスタイルも維持している
  • ファッションやメイクの手を抜かない
  • 清潔感がある
  • 礼儀作法がきちんと身についている
  • 一人の大人として自立している

家庭的な女性を求める一方で、好きな女性にはいつまでもきれいであり続けてほしいと考えるのも男性の性質のようなもの。

顔そのものの美しさというより、心身ともにケアを心掛けて、人からの見え方に意識を向け続ける姿勢に男性は魅力を感じるのです。

また、彼の親族や彼の会社・友人・ご近所との交流の場など、結婚後は彼の妻としての礼儀作法を見られる機会が度々出てきます。

彼は結婚を考える時、妻の対応が自分自身の評価につながる可能性や、将来の嫁姑問題を避けられるかどうかといった事も考えます。

そういった場合に、相手が礼儀作法をきちんと身についている女性だと、より「お嫁さんにしたい」という気持ちが強まるのです。

また、今の時代は社会的・精神的に自立している女性を求める男性も少なくありません。

社会人経験がある事、趣味を持っていて一人の時間を持つのが苦にならない事を男性が女性に望む場合もあるので、女性はその点も念頭に置いておいた方がよいでしょう。

お嫁さんにしたくならない女性のNGポイント

  • 料理下手、家事が苦手
  • 子供が嫌い
  • 金銭感覚がゆるゆる
  • 他人の悪口が多い
  • 感情のコントロールが下手、怒りっぽく泣きやすい
  • 他力本願、依存心が強い
  • マナーが悪い
  • 肌や髪の手入れが行き届いていない

逆に、「こんな女性はお嫁さんにしたくない…」といったNGポイントもあります。

家庭的な女性を求める男性が多いのなら、料理下手だったり家事が苦手だったりするのがかなりのマイナスポイントになるのも納得できますよね。

子供嫌いを明言している女性も、子供好きな男性にとっては結婚の対象外。

金銭感覚が極端に離れすぎているのも、家計を一緒にするうえでの将来像が描きづらくなってしまいます。

夫婦になれば共同で買うものも増えるわけですから、そこで「高すぎる」「安すぎる」なんて喧嘩ばかりになってしまうのは男性も避けたいはず。

また、他人の悪口が多かったり、感情の起伏が激しかったり、他力本願で依存心が強かったり、マナーが悪かったりするタイプの女性も、「一緒にいると疲れる…」「人間性を疑う…」といった印象を強めがち。

身だしなみに気をつけていない女性も、女性としての魅力を感じづらいと思われてしまう理由の一端となりえるのです。

ここで並べたような特徴が重なると、男性に「お嫁さんにしたい」と思ってもらえるような女性像からは程遠くなります。

結婚願望があるのなら、日頃から家事を心掛けてみる、お金の使い方について意識してみる、自分を客観視してみるなど、少しずつでも改善できそうなところはチャレンジしてみるのがいいでしょう。

彼が将来を思い描ける理想の彼女に

いかがでしたか?

男性が結婚に求めているのは「仕事から疲れて帰ってきた時あたたかい気持ちになれる家庭を持つ事」です。

「この女性と結婚したら、きっと素敵な家庭を築けるだろうなあ」と思ってもらう事が何より重要。

彼に「お嫁さんにしたい」と思ってもらえる女性になるために、いっそう自分磨きに力を入れていきましょう。

婚活
シェアする
ラブベイト