彼に愛想尽かされる“ネガティブ彼女”にならないで!

トラブル・別れ
スポンサーリンク

好きだけど、彼女がネガティブ過ぎてもう疲れてしまった…

なんて思われたら悲しすぎますよね。

いきなり自分に自信を持つなんて難しいかもしれませんが、必要以上にネガティブになっていませんか?

そんなネガティブ彼女の特徴を見ていきましょう。

連絡がないだけで不安になる

付き合う前はまめに連絡を取り合ったり、気にしてくれていたのに付き合ったら段々少なくなる。

これはどのカップルにも起こりうることでしょう。

付き合う前は、「どうにかこの子と付き合いたい」という気持ちがあるので、熱心にメールをしたりして頑張ってくれます。

ただそれは、いつも以上に頑張っているのです。

いざ付き合えたら、もう頑張る必要がないので、普段の彼に戻ったという事です。

そのギャップに対応しきれないネガティブ彼女は、連絡がないことに対して不安になってしまいます。

「誰と一緒にいるの?」「もしかしたら浮気?」「もう私のこと、好きじゃないのかも」なんて考え始めます。

それを仕事などで忙しい彼氏にぶつけていては、相手が疲れてしまうのは当たり前です。

連絡が返ってこない間は気にすることなく、自分の好きなことをするように心がけましょう。

友達にも嫉妬する

恋愛感情のない異性の友達がいるという人もいるでしょう。

彼女と付き合う前から仲がいい人であれば、関係を切ることなんてできませんよね。

ですが、ネガティブ彼女の場合、相手が女性というだけでネガティブになってしまいます。

彼氏がいくら何の感情もないと伝えたとしても、納得できません。

もしかしたらいつか過ちが起きるかもしれない、と考えてしまいます。

度が過ぎてしまうと、「もうその女性の友達と会わないで」と言ってしまい、彼氏を困らせてしまいかねません。

異性の友人というのは、自分自身に異性の友達がいないと、余計に理解しづらくなってしまうものです。

彼の言葉を信じて、大きく構えているくらいが愛される女性になれるでしょう。

自分の意見を言わない

ネガティブ彼女の特徴として、自分の意見を素直に言い出せないことがあります。

自信のない性格で、言い出す勇気がない為、「なんでもいいよ」と言ってしまうのです。

なんでもいいという言葉は、一見優しさに感じるかもしれませんが、相手に全てを委ねてしまい、考えさせることの責任を負わせています。

さらに、大抵の女性の場合、なんでもいいと言いつつなんでもいいわけではありません。

ネガティブ彼女もそれは同じで、本当はしたいことがあります。

そんな雰囲気が垣間見えたりすると、彼氏はなんで言わないんだ?と疲れてしまうでしょう。

自分の意見を言うことはワガママではありません。

なんでもかんでも否定するのも違いますが、お互いに話をしてあーでもないこーでもないという時間は全く無駄ではないのです。

彼氏の気持ちも信じない

付き合っていると「好きだよ」「かわいいね」なんて言葉をかけることがありますよね。

それを素直に受け止めて喜んだり、相手にも同じように伝えたりするのがカップルではないでしょうか。

ですが、ネガティブ彼女の場合、彼の甘い言葉も信用しきれません。

自己肯定感が低いせいで、どうせ私なんて…という気持ちになってしまいます。

最初のうちは彼もどうにか信じてもらいたいと思うはずですが、事あるごとにネガティブになられていては、疲れてしまうでしょう。

そんなネガティブ彼女のことを、彼氏も信じられなくなってしまうのです。

好きだと言ってくれる彼氏のことを信用して、もっと自分のことを好きになれる努力をする必要があります。

すぐ逃げ出そうとする

ネガティブ彼女は打たれることに弱いです。

例えば、仕事や人間関係、友人などとぶつかった時に「もう辞めてしまいたい」「誰にも好かれていない」「私には向いてない」なんて考えてしまうのです。

生きていれば誰かとぶつかることなんて当たり前です。

ちょっと衝突しただけで、逃げ出そうとする女性のことを彼氏も尊敬できるはずがありません。

かわいいだけでなく、お互いに尊敬しあえるような関係でいないと、何事も放り出してしまうような彼女とは将来を想像することもできないでしょう。

一緒にいると暗くなる

ネガティブ彼女の闇は深い時と、そうでもない時があります。

落ち込んでいる時はとことんネガティブワードを発しています。

ですが、基本がネガティブなので、デートの最中や一緒にいるときに自然にネガティブ発言をしてしまいます。

最初のうちはいいかもしれませんが、ずっと一緒にいると自分までネガティブになってしまいそうになるのです。

好きな人と一緒にいると、楽しかったり、明るくなるはずなのにその反対の気持ちになるなんて、一緒にいることにもうんざりしてしまいますよね。

ネガティブな性格は自分が変えようとしないと変えられません。

自分で意識して、ポジティブな発言を心がかるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

私は違うと思っていても、もしかしたら自然とネガティブな言動をしていませんか?

自分を嫌うのは、誰にとっても特になりません。

自分を変える努力をしていきましょうね!

トラブル・別れ
シェアする
ラブベイト