女性が近づきたくないと思う不潔な人の特徴

オトコの見極め
スポンサーリンク

不潔な人って、男女問わずとても不快ですよね。

不潔な人には出来れば近づきたくないと思ってしまいます…。

そこで、女性が絶対に近づきたくないと思う不潔な人の特徴や、不潔な人はなぜそのまま不潔の状態でいられるのかということなど、詳しくご説明します。

不潔な人の特徴その1:風呂に入らない

不潔な人の特徴として、お風呂に毎日入らないということがあります。

「お風呂に毎日入らないの?」と驚く人もいるでしょうが、お風呂に毎日入らない人は昔から一定数いるのです。

育った家庭環境で、家族がもともとお風呂に入る回数が少なく、冬場は2〜3日に1回しかお風呂に入らないという人もいます。

しかし、男性の場合は男性ホルモンが関係しているため、皮脂が出やすくなってしまうのです。

皮脂は酸化すると加齢臭となってしまうため、臭いの原因になってしまいます。

満員電車などで、強烈な加齢臭がしている男性は、不潔だと思って近づきたくないですよね。

これは、皮脂を放置して加齢臭になり、衣類に付着している可能性があります。

不潔な人の特報その2:体臭がかなり臭い

不潔な人の特徴として、体臭がかなり臭いということがあります。

上記の加齢臭の原理で、男性は皮脂が臭いことと、体内循環が良好でない場合、汗が臭くなってしまいます。

汗は衣類について1時間放置されると、汗に雑菌が繁殖して、かなりの臭いになってしまいます。

学生の体操服が臭くなるのは、この原理なのです。

学校や会社など多くの人が共有するスペースにおいて、体臭が臭い人の及ぼす影響は「スメルハラスメント」と呼ばれることもあり、多くの人の迷惑になってしまうことも…。

また、人から嫌われる原因になってしまいますね。

不潔な人の特徴その3:自分では臭いと思っていない

不潔な人ほど、周りが思っているほど自分のことを不潔と認識していないという特徴があります。

それどころか、むしろ自分は清潔だと思っている人もいるほどです。

不潔な人のこの心理は、育ってきた環境も大きく影響しており、汚い部屋でも平気な環境で育った場合は、不潔が日常になっているため気がつかないのです。

不潔な人の特徴その4:ヘアスタイルがだらしない

不潔な人の特徴で多いのは、お風呂にはきちんと入っているけれど、ヘアスタイルがだらしないということがあります。

これは男女共に見られる傾向なのですが、おしゃれな服を着ていても、ヘアスタイルが常に寝癖がついていたり、ボサボサだったりすると、それだけで見た目の印象は不潔な人になってしまうのです。

不潔な人の特徴その5:手を洗わない

不潔な人の特徴として、あまり手を洗わないということがあります。

トイレに行っても手を洗わない男性はかなり多いと言われていますが、これって見た目だけではなかなか判断できないところもあります。

ハンカチを持ち歩かない人は、手を洗っていない可能性が高いです。

でも、手を洗わない習慣というのは、ウイルスや雑菌などを広げてしまう可能性もあるため、かなり危険なのです。

不潔な人は、生活すべてがだらしないこともある?

不潔な人の特徴を見てみると、びっくりするような事柄もあれば、自分もついやっちゃうかも…なんて事柄もあったのではないでしょうか。

不潔な人は、女性からしてみれば「絶対に近づきたくない!」と思うほど嫌悪感を抱きたくなってしまいますが、実は不潔な人は、性格が面倒臭がりでだらしないということが見受けられますので、生活全般においてだらしがない可能性があるのです。

まず、不潔な人は時間にルーズであること、人付き合いもだらしないということ、恋愛関係になってもだらしないということが言われています。

ですから、好きになった人がもし不潔な人だった場合、生活の全てをフォローしなければならない可能性もあるのです。

清潔な性格の人であれば、好きになった相手が許容範囲を超える不潔な人だった場合、生理的に無理だと感じてしまうこともあるでしょう。

不潔な人は、清潔感の優先順位が低い

仕事や趣味が充実しており、自分のやりたいことがたくさんある人は、ついそちらを優先してしまうため、掃除や身だしなみを整えることの優先順位が低くなってしまうことがあるようです。

自分のやりたいことを優先するあまり、自分のケアをすることが面倒でだと思ってしまうのです。

不潔な人と付き合うための対処法

不潔な人の多くは、自分が不潔ということを認識していないことがあることと、これまでの人生で不潔であることを誰からも指摘されてこなかったということがあります。

相手に不潔だと言うことは確かにとても言いにくいことですので、多くの人は不潔な人とはやんわり距離を置くようにしているでしょう。

でも、自分が好きになった人が不潔な人だとわかってしまった場合、どうにかして改善してもらおうと思うのであれば、まずは清潔にする方法を教えてあげるようにしましょう。

身近なところでは、ハンカチをプレゼントして、ハンカチを持ち歩く習慣を作って手を洗う習慣をつけてもらうこともオススメです。

また、親しい間柄になっているのであれば、一緒に掃除をしていくこともおすすめです。

掃除されたクリーンな部屋だと、快適で過ごしやすいことや作業がはかどることなどのメリットを伝えていくと、これまでの生活とのギャップを感じて清潔に意識が向く可能性があります。

不潔な人の特徴についてまとめ

不潔な人の特徴についてご紹介しました。

清潔か不潔か、その感覚は人それぞれなのですが、生理的に無理だと思う人とは仲良くしていけないものです。

これらの不潔な人の特徴を見たとき、気になる人の行動と照らし合わせて見て一つでもハッとすることがあるのであれば要注意ですので、距離感に応じて対処法も考えていきましょう。